陽炎と冬将軍

消えない光がある それだけあればいくよ

『愛は光』―「GR8EST」ツアーメイキングによせて

(※少しネタバレがあります)


 最近、よく聴く曲がある。Negiccoの「愛は光」。

 この曲は、Negiccoの結成15年目を記念してリリースされたベストアルバムの1曲目を飾る楽曲だ。KIRINJIの堀込高樹さんが作詞作曲を手掛け、これまでの感謝の想いと共に、未来へ向けての決意も込められている。3人の個性ある歌声で紡がれる歌詞の美しさは、言葉を失ってしまう程。柔らかく素朴ささえ感じるサウンドは、心地よい温もりがじんわりと沁みてきて、何度も繰り返し聴きたくなる。恥ずかしながらそれまでNegiccoの曲はあまり聴いたことが無かったのだけれど、去年偶然聴いて以来、すっかり心を奪われてしまった。

 この曲の、特に歌詞の素敵なところは、一行一行赤ペンを引っ張って書き込んでいきたいくらい沢山ある。一つだけ挙げるとすれば、サビのフレーズ。

ああ、わたしが月なら太陽はあなたよ
光は愛、愛は光ね
それこそが本当のことです

 アイドルは様々な「光」を見る。ファンが振るサイリウムの光、真っ暗な舞台袖で足元を照らしてくれるライトの光、ステージで浴びるスポットライトの光。月が太陽の光を反射して輝くのと同様に、アイドルもまたその「光」があるからこそ輝ける、というのは、究極的にロマンティックな表現だ。

 ああ、私だって太陽
 あなたを照らしたい
 授かった愛を輝きに変えよう
 惜しむことなく

そして、様々な光を受けて輝くアイドルもまた、誰かを照らす「太陽」なのだと思う。



 アイドルとファンを繋ぐものを「光」と呼ぶなら、2018年の私は、アイドルからの「光」をきちんと受け止めていたのだろうか。アイドルへ「光」を届けることは出来たのだろうか。
……「GR8EST」ツアーメイキングを観ながら、ふと、そんなことを考えた。

 このメイキングに記録されているのは、その日何をしていたか、どんな表情をしていたか、どんな声色だったか……そういったことが中心だ。メンバーは自分の気持ちをあまり多くは話さないけれど、その表情や声のひとつひとつが、痛いくらいの現実を赤裸々に語っている。中には受け止めきれないほどの事実も含まれていたけれど、ありのままを記録した1時間半の映像に、関ジャニ∞の不器用なまでの誠実さを感じた。 

 メイキングを観終わった今思うのは、「光」を作り出すことにも、「光」を届けることにも、そして、「光」を受け取ることにも、それ相応の覚悟とエネルギーがいるということだ。光を受け取ることも届けることも出来なかった去年の私は、そのエネルギーを早いうちに使い果たしていたのだな、と一人で納得してしまった。

 これは恥ずかしくて隠してきたのだけれど、私はずっと、自分には熱心さが欠けていると思っていた。特集記事に必ず目を通すとか、出演番組は録画してチェックするとか、そういったことを頑張ってみようと思っても、どうも続かない。元々飽きっぽい性格であるのは自覚していたけれど、周りの人と比べて自分には頑張りが足りないのだな、と感じられて、そんな自分が情けなかった。何より、好きで応援しているはずなのに「○○しなければいけない」と義務感を感じてしまう自分が一番いやだった。
 でも今は、「それは仕方のないことだ」と受け入れられそうな気がしている。エネルギーの容量も、使い方も、充填に必要な時間も、きっと人それぞれ違うのだ。比べても仕方がないものだと考えたら、少し気持ちが軽くなった。

 そしてもう一つ。アイドルを「光」で押しつぶすようなことだけは絶対にしたくない、と思う。私はどうしても頑固なところがあるから、「こうしてほしい」という譲れない理想があるし、何より関ジャニ∞には強くあってほしいと思っている。こんなわがままを言いたくなるのは多分、それを受け止めてくれると信じているからだろう。でも、アイドルにもきっと、エネルギーの許容量がある。眩しすぎる「光」は何も見えなくしてしまう。そのことだけは、きちんと心に留めておきたい。


 思えば、関ジャニ∞を好きになってから今日まで、私は沢山の「光」を貰ってきた。
 全てが輝いて見えるといったら少し大げさだけれど、素敵な音楽や、美味しそうな料理、ちょっとした英会話とか、そういった「今まで見えなかったものが見えるようになる」、そのための「光」をくれた。真っ暗で見えない将来に「まだまだ終わらない」と一つの道筋を作ってくれたのも、関ジャニ∞だった。
 その「光」から目を背けてしまうことだって少なからずあるし、その「光」はきっと永遠には続かない。そのことも分かったうえで。
 関ジャニ∞というアイドルこそが、私にとっての「太陽」なのだ。


 「愛は光」は、Negiccoという15年目のアイドルの決意表明で締めくくられる。
 不思議なことに、関ジャニ∞という15年目のアイドルの決意を見た私もまた、同じような気持ちだ。 私はきっと何万何千の中のたった一粒にしかなれないし、実際に届くかどうかなんて確かめようもない。けれども、この「光」だけは、絶やさず大切にする、そう心に決めている。

 ああ、わたしだって太陽
 あなたを照らしたい
 授かった愛を輝きに変えるよ
 燃え尽きるその時まで

 

2019.1.26

村上信五さん、37歳のお誕生日おめでとうございます!

様々なことが起こる日々ですが、それでも前へ前へと進んでいく力強い背中に、いつも励まされています。
昨年は「If or・・・X」の開催や関ジャニ∞でのドームツアー、「27時間テレビ」や「SONGS OF TOKYO」での司会に加え、ワールドカップの中継プレゼンターを務めるなど、とても充実された一年だったのではないでしょうか。
今年も沢山のテレビ番組で活躍する姿を拝見出来たら、とても嬉しいです。

こうして改まって書くと、どうも言葉に詰まってしまうのですが、私は村上さんの真っ直ぐな信念の強さが大好きです。
これからも信じる道を力強く歩んでいってください。

時々「本当に休んでいるのかな?」と心配になることがあります。
近頃はインフルエンザが猛威を振るっておりますし、お体の調子を崩されないよう、くれぐれもご自愛ください。
今後のますますのご活躍をお祈りしております。
村上さんにとって、素敵な1年となりますように!

2019年の目標


去年の大晦日に「来年は沢山更新しよう」と心に誓ったにもかかわらず、気が付けば1月が終わろうとしています。1ヶ月本当にあっという間ですね……。
今月はまだ何も書いていないことに気付いたので、まず手始めに今年の目標を記しておこうと思います。

<生活>

1.健康的で規則正しい生活

去年痛感したのです。健康が一番大事だということ…。このところ夜更しが増えたり、単純に食べ過ぎていたりして、体に色々なガタが来ているのを感じるので、今年は早寝早起き適度な運動を心がけたいと思います。

2.資格の取得

去年簿記3級を取ったので、余裕があれば2級も取っておきたいと考えています。2月は厳しいので、順調に行って夏でしょうか。
また、情報処理関係の資格にも興味があるので、そちらにもチャレンジしたいです。

3.研究と、就職活動・趣味の両立

Twitterやブログにも表れているのですが、結構「0か100か」の行動をしてしまうことが多いんですよね。今年は普段よりもやらなければいけないことも多いので、しっかり優先順位を確認しながら、計画的に進めていけるよう心掛けていきたいと思います。

<趣味>

やっぱり趣味のブログなので!大事!

4.全曲レビューの完成

去年Twitterで「関ジャニ∞楽曲レビュー」を始めました。始めたはいいのですが、「KJ2 ズッコケ大脱走」の手前で4ヶ月ほど止めてしまっている状態でして……。そろそろ本当に再開したいです。デビュー記念日までには完成させたいですし、140字で収まり切らなかった分も含めてブログにもまとめようかなとも考えています。頑張ります!

5.ブログを年12回以上更新

月1回以上は更新したいです。去年は「途中まで書く」→「下書きで眠らせる」→「書きたい気持ちがしぼむ」という悪循環に陥ることが多かったので、アルバムやライブの感想は気持ちが熱いうちに!面倒くさがらずに記録していこうと思います。

6.NMB48の劇場公演を観る

去年はツアーと8周年ライブを観ることが出来ました。未だに大阪の劇場には行ったことが無いので、今年こそは劇場公演を観たいです。推しの大田莉央奈さんがセンターを務めている研究生公演は絶対に観たい…!3月から新チーム体制が稼働するので、新しい公演演目も楽しみにしています(現チームBⅡの「恋愛禁止条例」に入れなかったのは本当に一生の不覚)。劇場までの距離を考えるとそんなに多い回数は入れないので、チャンスがあれば積極的に!

7.関ジャニ∞のコンサートを観る

記念すべき15周年!まだツアーがあるのかどうかも分かっていない状態ですが、もしコンサートが開催されるなら絶対に行きます。

8.行ったことのない場所へ行く

去年はフェリーに乗ったり、飛行機に乗ったり、ライブに行ったり、出不精の私としては色々な経験をしたと思います。ただ、まだまだ経験していないこと、行ったことのない場所は沢山あるんですよね。今年も、色々な「初めて」を更新していきたいです。

以上8つ!
少々欲張りな気もしますが、今年1年はこの8つを目標に、1日1日を大切に過ごしたいです。

 


書くかどうか少し迷ったのですが、一応近況を。

最近はあるグループで起きた一連の事件に対して、気持ちが落ち込むことが続いていました。色々と情報が錯綜していたことに疲れた、というのもあるかもしれません。運営や一部メンバーの対応をみて、がっかりや怒りを通り越して本当に呆れてしまって、こうしてアイドルを応援することは、果たして本当にアイドルのためになっているのだろうかとか、そういうところまで考えてしまいました。
この件に関しては色々と言いたいことはあるのですが、ここに書くのはこのくらいにさせてください。私が望むのは、一日も早い真相究明がなされることと、妥当な再発防止策がとられることです。これが叶わなければ、キツイ言い方にはなりますが、グループに未来はない、そう思っています。
そして、被害を受けた彼女が安心して過ごせる日が一日でも早く訪れることを、心から願っています。


落ち込むことも多い日々ですが、勿論、嬉しいことや楽しいことは沢山あります。
それについてはまた、別の機会に。

2018年の総括


2018年12月31日、大晦日の夜にこれを書いています。
今年は本当に時間のスピードがぐんぐんと加速していくような感じがして、それに追いつこうと必死だったような気がします。
やり残したことは沢山あるのですが、2018年のまとめを。

2018年の思い出

▽ライブ・コンサート

年の初めに「様々な現場に行く」という目標を立てました。関ジャニ∞NMB48、ライブハウス、野球観戦などなど……。結局のところ実現したのは少数でしたが、そのどれもがとても濃密で、現場の空気を肌で感じることの素晴らしさや大切さをを改めて感じました。

7月

15(日)「関ジャニ's エイターテインメント GR8EST」(北海道・札幌ドーム)

8月

15(水)「NMB48 LIVE TOUR 2018 in summer」(宮城・仙台サンプラザ)

f:id:sanashin9:20181231195938j:plain

17(金)「NMB48 LIVE TOUR 2018 in summer」(北海道・ニトリ文化ホール)

f:id:sanashin9:20181231200130j:plain

NMB48の夏のツアー。初めてNMB48のライブに行きました。
仙台は距離感が近く、一体感のあるライブでした。いやあ、楽しかったなあ。
札幌はまた違った空気で、トリプルアンコールや加藤夕夏さんのサプライズ登場もありました。うーん、楽しかったなあ。

印象に残っているのは、川上千尋さんのダンスの美しさと、渋谷凪咲さんのMCの面白さ、ユニット曲「Blue rose」です。卒業前に沖田彩華さんのパフォーマンスを観られて、本当に良かった。

10月

2(火)「NMB48 8th Anniversary LIVE」(千葉・幕張メッセイベントホール)

後程まとめる予定です。8年間の歩みと、これからの未来。その両方がぎゅっと詰まった素晴らしいライブでした。山本彩さんの卒業前の姿をしっかり目に焼き付けることもできました。「三日月の背中」は素晴らしい曲。

今年は就職活動や研究で思うような時間は取れないかもしれませんが、出来る限りライブやコンサートを楽しむ余裕を持っていたいと思います。

▽旅行

2018年は観光やライブで様々なところに出掛けました。知らない場所に行くことは少し怖くもありますが、やっぱり楽しいですね。
12月に「駅メモ!」というアプリも始めたので、来年は色々な路線に乗ってみたいと思います。

f:id:sanashin9:20181231191429j:plain

3月の鎌倉・建長寺

f:id:sanashin9:20181231191853j:plain

カメラの充電器を忘れたので、写ルンですを買いました。ソフトクリーム。

f:id:sanashin9:20181231193655j:plain

鶴岡八幡宮神苑ぼたん庭園。丁度見頃でした。

f:id:sanashin9:20181231193844j:plain

桜と大仏さま。

f:id:sanashin9:20181231203711j:plain

札幌某所の分かる人には分かる公園。

f:id:sanashin9:20181231200409j:plain

札幌駅。

f:id:sanashin9:20181231200453j:plain

さっぽろテレビ塔

f:id:sanashin9:20181231204049j:plain

赤羽八幡神社

f:id:sanashin9:20181231194343j:plain

人生初の飛行機。偶然この日は「飛行機の日」でした。

f:id:sanashin9:20181231194959j:plain

下関水族館のペンギン。目が合ったような気が。

 

2018年を振り返って


一年を振り返って思うのは、その時々の考えをきちんと記録しておけばよかったなあということです。
以前と比べると、色々な場所に足を運んで、様々な景色を見ました。沢山の素敵な出会いがあり、寂しい別れもありました。そんな経験を通して、私は何を感じたのか、何を考えたのか、もう少しこまめに残しておけたらよかったのかな、と思うのです。

来年も書きたいことは、きっと沢山出てくると思います。ひとつひとつの経験を大切に、少し立ち止まる時間も取れるようにしたいです。


1年に一度、ブログのサブタイトルを変えています。今年は、

特別な色で世界を染めてよね

the chewinggum weekendの「きらきら」という曲を聴きながら、「ひとりひとりの特別な色(=個性)で世界を染めていってほしい」という思いをこめて決めました。

きれいな色で世界を染めてよね
特別な色で未来を染めてよね
―the chewinggum weekend「きらきら」

2018年を終える今も、思うことは同じです。
これからも、世界でただ一つの色で、鮮やかな世界を作って行って欲しいと思っています。


と、ここまで書いて2019年になっていました。あけましておめでとうございます。

2018年は、私にとって「変化」の年でした。
2019年は今の私より少しでも良いので「進化」していたいです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。 

2018.11.26

丸山隆平さん、35歳のお誕生日おめでとうございます!
そして、「丸の大切な日」連載10周年おめでとうございます!!

Twitterなどを見ていると、本当に沢山の人が「丸の大切な日」の更新を毎日の励みにしているのだなあと感じます。365日何かを継続するというのは、本当に大変なことです。お仕事がお忙しいときもあれば、何となく休みたいときもあるかもしれません。限られた時間のなかで、毎日欠かさず文章を考え、写真を撮り、メッセージを更新してくださるというのは、本当に凄いなあと思います。と、同時に、改めて丸山さんの深い愛情を感じます。これからの更新も、とても楽しみにお待ちしております。

丁度昨年の今頃は、映画「泥棒役者」が公開された時期でした。今年も主演舞台「泥棒役者」の上演やドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」への出演など、演技のお仕事も充実されていた印象を受けます。この一年も、バラエティでの活躍に加え、作品の世界で生き生きと輝く丸山さんの姿が沢山見られることを期待しております。

近頃一気に寒くなり、冬の気配をすぐ傍に感じる季節となりました。
風邪などひかれませんよう、くれぐれもご自愛ください。
今後のますますのご活躍をお祈りしております。
丸山さんにとって、素敵な1年となりますように!

P.S.今日はとても、月が綺麗ですね!

2018.11.3

錦戸亮さん、34歳のお誕生日おめでとうございます。

今年は映画「羊の木」公開、大河ドラマ西郷どん」への出演など、演技に関するお仕事が充実されていた印象を受けます。
来年1月からは主演ドラマ(月9…!)の放送も決定し、ますます磨きのかかった錦戸さんの演技を拝見する日を、今か今かと待ち遠しく思っております。

また、今年は「All you need is laugh」の作曲も、安田さんと共同で手掛けられました。
スタイリッシュでちょっとお茶目な歌詞が大好きです。
また錦戸さんの手がけた関ジャニ∞の楽曲を聴くことが出来たら、とても嬉しいです。

今月は振替公演もあり、お忙しい日々が続くと思います。
くれぐれもご自愛ください。
今後のますますのご活躍をお祈りしております。
錦戸さんにとって、素敵な1年となりますように!

2018.9.22

渋谷すばるさん、37歳のお誕生日おめでとうございます。
このタイミングになってしまい申し訳ありません。

お元気ですか?風邪などひかれていませんか?
今どこで何をされているのかを知る術はありませんが……。
渋谷さんが選んだ新しい日々が明るく充実したものでありますようにと心より願っております。

どうかくれぐれも、お体は大切になさってください。
今後ますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

渋谷さんにとって、素晴らしい1年になりますように!