陽炎と冬将軍

消えない光がある それだけあればいくよ

2018年の総括


2018年12月31日、大晦日の夜にこれを書いています。
今年は本当に時間のスピードがぐんぐんと加速していくような感じがして、それに追いつこうと必死だったような気がします。
やり残したことは沢山あるのですが、2018年のまとめを。

2018年の思い出

▽ライブ・コンサート

年の初めに「様々な現場に行く」という目標を立てました。関ジャニ∞NMB48、ライブハウス、野球観戦などなど……。結局のところ実現したのは少数でしたが、そのどれもがとても濃密で、現場の空気を肌で感じることの素晴らしさや大切さをを改めて感じました。

7月

15(日)「関ジャニ's エイターテインメント GR8EST」(北海道・札幌ドーム)

8月

15(水)「NMB48 LIVE TOUR 2018 in summer」(宮城・仙台サンプラザ)

f:id:sanashin9:20181231195938j:plain

17(金)「NMB48 LIVE TOUR 2018 in summer」(北海道・ニトリ文化ホール)

f:id:sanashin9:20181231200130j:plain

NMB48の夏のツアー。初めてNMB48のライブに行きました。
仙台は距離感が近く、一体感のあるライブでした。いやあ、楽しかったなあ。
札幌はまた違った空気で、トリプルアンコールや加藤夕夏さんのサプライズ登場もありました。うーん、楽しかったなあ。

印象に残っているのは、川上千尋さんのダンスの美しさと、渋谷凪咲さんのMCの面白さ、ユニット曲「Blue rose」です。卒業前に沖田彩華さんのパフォーマンスを観られて、本当に良かった。

10月

2(火)「NMB48 8th Anniversary LIVE」(千葉・幕張メッセイベントホール)

後程まとめる予定です。8年間の歩みと、これからの未来。その両方がぎゅっと詰まった素晴らしいライブでした。山本彩さんの卒業前の姿をしっかり目に焼き付けることもできました。「三日月の背中」は素晴らしい曲。

今年は就職活動や研究で思うような時間は取れないかもしれませんが、出来る限りライブやコンサートを楽しむ余裕を持っていたいと思います。

▽旅行

2018年は観光やライブで様々なところに出掛けました。知らない場所に行くことは少し怖くもありますが、やっぱり楽しいですね。
12月に「駅メモ!」というアプリも始めたので、来年は色々な路線に乗ってみたいと思います。

f:id:sanashin9:20181231191429j:plain

3月の鎌倉・建長寺

f:id:sanashin9:20181231191853j:plain

カメラの充電器を忘れたので、写ルンですを買いました。ソフトクリーム。

f:id:sanashin9:20181231193655j:plain

鶴岡八幡宮神苑ぼたん庭園。丁度見頃でした。

f:id:sanashin9:20181231193844j:plain

桜と大仏さま。

f:id:sanashin9:20181231203711j:plain

札幌某所の分かる人には分かる公園。

f:id:sanashin9:20181231200409j:plain

札幌駅。

f:id:sanashin9:20181231200453j:plain

さっぽろテレビ塔

f:id:sanashin9:20181231204049j:plain

赤羽八幡神社

f:id:sanashin9:20181231194343j:plain

人生初の飛行機。偶然この日は「飛行機の日」でした。

f:id:sanashin9:20181231194959j:plain

下関水族館のペンギン。目が合ったような気が。

 

2018年を振り返って


一年を振り返って思うのは、その時々の考えをきちんと記録しておけばよかったなあということです。
以前と比べると、色々な場所に足を運んで、様々な景色を見ました。沢山の素敵な出会いがあり、寂しい別れもありました。そんな経験を通して、私は何を感じたのか、何を考えたのか、もう少しこまめに残しておけたらよかったのかな、と思うのです。

来年も書きたいことは、きっと沢山出てくると思います。ひとつひとつの経験を大切に、少し立ち止まる時間も取れるようにしたいです。


1年に一度、ブログのサブタイトルを変えています。今年は、

特別な色で世界を染めてよね

the chewinggum weekendの「きらきら」という曲を聴きながら、「ひとりひとりの特別な色(=個性)で世界を染めていってほしい」という思いをこめて決めました。

きれいな色で世界を染めてよね
特別な色で未来を染めてよね
―the chewinggum weekend「きらきら」

2018年を終える今も、思うことは同じです。
これからも、世界でただ一つの色で、鮮やかな世界を作って行って欲しいと思っています。


と、ここまで書いて2019年になっていました。あけましておめでとうございます。

2018年は、私にとって「変化」の年でした。
2019年は今の私より少しでも良いので「進化」していたいです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。