陽炎と冬将軍

特別な色で世界を染めてよね

2018.4.15

それまでは、全くの事実無根だと思っていた。次のツアーでは面白おかしく茶化す、そんな7人の姿が見られるとばかり思っていた。
……というか、今も思っている。漠然と、信じられない気持ちでいる。

2018年4月15日。
公式からのお知らせを見ても、会見の記事を読んでも、映像を観ても、何だかこれが事実とは思えなかった。カレンダーを見ながら、思いっきり頬をつねった。頬は痛いし、何回確認しても、今日は4月1日ではない。
どうやら、私にはどうしようも出来ない、事実らしい。

困ったな、と思った。
好きなアイドルの「卒業」、ちょっとは慣れたつもりだったのに。

「卒業」は、「好きな人が自分自身の夢を持って旅立つ」ことと、「好きなグループから好きなメンバーが抜ける」ことが同時に起こる。それを事実として受け入れるのは、やはり時間がかかる事だし、人によってはずっと受け入れられないままなのかもしれないとすら思う。
最近、他のグループで「アイドルとしてやり切りました!」と清々しい表情で旅立っていく子たちの背中を見送ることが度々あった。だから慣れたと思っていた。
けれど、思い出してしまった。
彼女たちのその晴れやかな顔を見る度、嬉しい気持ちと悲しい気持ちの狭間の暗闇に、急に放り投げ出されてしまったような心地になることを。
「おめでとう」と言いたい気持ちと、「本当に辞めてしまうの?」「後悔はないの?」「アイドルでいるままではだめなの?」と問いただしてしまいたい気持ち。
そして、「結局は他人なんだな」という、諦めのような気持ち。この感情を一言で表すのは、私には出来ない。
正直、ちょっと免疫が付き始めたんだろうなとすら思っていたのだけれど、大きな間違いだった。
おそらく、きっとこの先も慣れる事なんてないのだろう。

 

そもそも、メンバーが居なくなるなんて想定していなかった。
私はここ1年くらいの新参ファンだから余計にそうなのかもしれないけれど。
「女子アイドルとジャニーズの違いは「卒業」がないことだなあ~」なんて思っていたのに、もうそういう時代ではないのだということを突きつけられてしまった。
エンタメの世界に絶対はないとは分かっていたけれど、心のどこかでは「彼らに限って」と思っていたのかもしれない。
おじいちゃんになっても7人で笑っているんだろうな、と信じて疑わなかったから。
会見での話やWebでのコメントを見て、「一緒に夢を追う仲間」が「違う夢に向かって歩み出す仲間を見送る友達」になったんだな、ということをぼんやり感じてしまった。
それが何だか途方も無く寂しかった。

……ついマイナスなことばかり考えてしまうのだけれど、進路を未だに迷っている私としては、今36歳というタイミングで新たな道にチャレンジしようとする人生の先輩の姿は勇気づけられるな、とも思う。
そして、その背中を押すことが出来るのも、嬉しいことだ。
でも、やっぱり寂しいという気持ちが勝ってしまう。
それが話し合いを重ねて出された結論だとしても。

救いだったのは、少し出てきていた嫌な噂を否定してくれる、そういう場を設けてくれたことだと思う。
好きな人が、事情も知らない人の悪意や勝手にでっち上げた妄想に苦しめられるのはいただけないから。
ただ、ツアーは出てほしかったなあ。
あの時が最初で最後だったのだな、と考えてしまうから。
こちらのエゴだなと思いつつも、「これが最後なんだ」と分かっている状況で、さようならと行ってらっしゃいを言いたかった。

 


ここまで書いたのが、今の率直な気持ちです。
これからの関ジャニ∞がどうなるのかは分からないけれど、私個人は応援し続けるつもりです。今夏のツアーも申し込む予定です。

でもさ、やっぱり寂しいよ。

 

最後に。
メンバー、そしてエイターの皆さんが、根も葉もない噂や心無い一言、無責任な報道に心を痛めることがありませんように。自分の感じ方を否定するようなことがありませんように。
それだけを願っています。