陽炎と冬将軍

特別な色で世界を染めてよね

雑記(2017.12.19 近況/NMB新曲/関ジャムコーラス回)

 

▽近況

お久しぶりです。12月初めての更新。
この前更新した時はまだかすかに秋の名残もあったのですが、もうすっかり冬本番ですね。
東北に来て4度目の冬を迎えますが、寒さと雪には全くといっていい程慣れません……。
水道管の「水抜き」という習慣を初めて知ってびっくりした思い出。
(夜間は水道管の元栓を閉め、管の中に残っている水を抜いておかないと凍って最悪破裂してしまうのです。)
雪もどんどん降るようになって来たので、色々落ち着いたらしっかりした冬靴を買いに出掛けたいと思っています。お買いものは久しぶりなので楽しみ。

 

NMB48「ワロタピーポー」

そういえばNMBの新曲について全く触れていなかったので、発売前に少し書いておこうと思います。

今年は夏にアルバム「難波愛~今、思うこと~」が発売されたのみで、シングルのリリースとしては約1年ぶり。
初めて聴いた時は「年1がこれか!!!!!」と内心ショックだったのですが、パフォーマンスするメンバーがあまりにも楽しそうで可愛かったので「これはこれでいいな」という感想に落ち着きました(単純)。

作品全体としてはジャケット写真やメイキングの収録など色々嬉しいポイントがあるんですが、
やっぱりアルバムには無かったチーム曲がしっかりあるのが何より嬉しいです!
今の所一番好みだなと思ったのは、チームNの「どこかでキスを」。

あと、女子力動画でおなじみ、吉田朱里ちゃんセンターのユニット曲「Which one」も良いです。

韓国のガールズグループのような雰囲気で、MVも可愛い。
アカリンの女子力動画を観ている女の子たちにとってはストライクゾーンど真ん中なのではないかなと思います。
一番凄いのは、メンバー、MV、衣装などをアカリン自身がプロデュースしているところ。流石です。完璧です。

NMB48「ワロタピーポー」は12月27日(水)発売です。

 

▽関ジャム「アーティストを後ろで支えるコーラスの秘密!」(12/10)

このところレギュラー番組を観る時間がなかなか取れず、久しぶりにリアルタイムで観たのがこの回でした。
いやあ…とっても面白かった……!
アーティストそれぞれの歌声の特徴を捉え、その魅力を引き立たせるように歌う技術の凄さ、ひとりひとりの歌声が重なり合った響きの美しさなど、コーラスの魅力がたっぷり詰まった1時間でした。
浦嶋さん・加藤さん・今井さんの実演がとても分かりやすくて、専門的なことに詳しくなくても「なるほど!」と体感できるところが多くて良かったです。

セッションは山下達郎さんの「クリスマス・イヴ」。
丸山さんの声の柔らかくて甘い響きが曲に合っていて、コーラスの重なりも美しく、とても素敵なセッションでした。

今年の放送がこれで終わりだと知らなくて「今年の関ジャムもこれで見納め!」とテロップが出た時はびっくりしたんですけど(笑)、来年の関ジャムも楽しみです。

 


他にも「泥棒役者」舞台、イフオア、特番など色々と決まっていて、とても嬉しいです。
年末から来年にかけても沢山楽しいことがありそうですね。

12月はあまりブログを更新できておらず、これからも時間が取れない日々が続くかもしれないのですが、どうしても今年中に上げたい記事が沢山あるのも事実で……。
どうにか時間を見て更新できればと思っています。
ではでは。