陽炎と冬将軍

それでも想いだけは死神に渡すものか

雑記(2017.5.19)


ようやくブログの設定方法が分かったので、プロフィール欄を更新しました。
今までどこの誰だか分からない状況で、何を中心に書くかも決めないままに更新していたのですが、想像していたより多くの方に見ていただいていて、驚いたと同時に、嬉しい気持ちです。ありがとうございます。
改めて書くにはタイミングを逸してしまったのですが…(苦笑)、
主に関ジャニ∞について(2017年からの新規ファンです)、時々他の好きなものについても書く予定です。
よろしくお願い致します。


先週発売されたエイタメDVD、数日にわたるお財布との会議の結果、
泣く泣くDVDの初回盤だけを買いました。
簡単に感想を書くなら、本編、特にバンド3曲がとても良かったなあというのが一番でしょうか。
OPの映像も格好良かった!レンジャー前のVTRも手が込んでて好きです。
あとはアナザーCMもツボでした(笑)。「ほんとはパノラマ編」大好き。
評判を見る限りBDのコメンタリーとアコースティックも良さそうなので、余裕が出来たら買うかもしれません。
でも実はまだ観ていないライブDVDがいっぱいあるので、まずはそちらが先かな…?
色々落ち着いたらまず「十祭」を買いたい。

 


アルバム「ジャム」の情報も続々と発表になり、ますます楽しみです。
特典とユニット曲によってどのタイプを購入するかを決めようと思っていたのですが、
あそこまで面白そうな特典だと両方買うしかないですよね…。
通常盤の3曲も楽しみだし、ポスターも付くし…なんというか…退路を断たれてしまった…(笑)
好きになって初めてのアルバムがこの「ジャム」という作品であること、
もしかしたらとても幸運なことなのではと思い始めています。
楽しみに待っていよう。

 

 ▽
「好きなバンドが1年半前に解散していたかもしれない」という話。
悲しいかな「意外」とは思えなくて、かといって、当時「解散」という二文字を想像していたかといえば全く頭に無かったんですよね。
年一ペースでコンスタントにアルバムをリリースしていることに慣れてしまって、
そのことが、どれほど素晴らしい、奇跡のようなことなのかなんていうのは全く考えたこと無かったな、と。
いやあ、本当に、続けることを選んでもらえて、本当に良かった。
新譜がとても素晴らしい作品で(個人的には過去最高だと思っている)、そのツアーに行くことが出来るのが本当に嬉しいです。

物事には必ず終わりが来るものだと分かっているつもりでも、
人間やっぱりどこかで「その終わりはまだまだ来ない」と思ってしまうのかもしれないですね。
「今」を更新し続けることがどれだけ凄いことなのか、ついつい忘れてしまう。
いつか、アルバムやDVD、ライブを「楽しみ」と待てるのが当たり前じゃなくなる時がやってくるのだと考えたら、もっと今を大切にしなくてはいけないな、と思った話でした。

 


メトロック、いよいよ今週末ですね!
ネット中継が無いのは本当に悲しいですが…。
どんなパフォーマンスになるのか楽しみです。
あ、そうだ。
明日帰ったら、てるてる坊主の準備をしよう。