陽炎と冬将軍

それでも想いだけは死神に渡すものか

関ジャニ∞過去作品感想まとめ(2017年4月)

今週はゼミが無かったのでさほど忙しくなく、ほぼ春休み延長戦のようでした。
このままズルズル行くと何処までもだらだらしそうなので気を付けよう。

最近iPodは機嫌を直してくれたみたいで、「渇いた花」を勝手に飛ばす嫌がらせはしなくなりました。一体何だったんだろうか…。

 

自己満足企画第2弾。
元々本を読んでも音楽を聴いても、ついつい好みか否かだけで終わらせてしまうんですけど、少なくともその理由はきちんと説明できるようになりたいですね…。

 

「強く 強く 強く」通常盤(2015)

第一に「ジャケ写が好き」。
どちらかというと初回盤の方が好みですが、通常盤も中々。
失礼ながら「元気CD」収録の他のシングルと比べるとどうしても地味な印象があったのですが、
改めて聴くと表題曲も良いし、カップリング2曲も格好いい。
EXTEND!」、村上さんのソロパート格好いい!音域低めの方が合うのかな。
渋谷さんの「お楽しみはここから」で空気がガラッと変わるのが凄い。
終わり方も格好いいなあ。
Can't U see?」、Aメロの低音も、ところどころ出てくるファルセットも両方素敵。

 

「ココロ空モヨウ」通常盤(2013)

ココロ空モヨウ」自体の良さはもう明らかなんですけど、カップリング2曲が凄く良かった!
朝焼けの太陽」、このどっしりずっしりした重厚感…!堪らない。
シンプルにギター・ベース・ドラム、だけでも格好いいとは思うんですが、そこに入ってくるストリングスが良い。イントロのフレーズが好き。
クジラとペンギン」は前曲とは対照的に、波間に揺蕩うようなゆったりとした曲。
全員柔らかくて優しい声で歌っていて、それがとても素敵。
途中のトランペット(フリューゲルホルン?)のフレーズも好きです。

 

「ワッハッハー」通常盤(2008)

突然ですが、ここで問題です。

Q.アイドルグループが歌う「誰よりキミが好きだから」という曲。
 一体どういう曲調でしょう?

正解はこうでした。
A.昭和歌謡
イントロを聴いて思わず曲名を確認しました。合ってました。
ワッハッハー」の後にこの曲が来ると予想できた人はいるんだろうか…?
でもこれが不思議と似合っている。違和感なく聴けます。
そこが関ジャニ∞の「らしさ」でもあるのかな、と思う。

BJ」は良曲揃いのカップリング曲の中でも特に人気がある印象。
個人的にはどちらのアレンジも好きです。
(再録版を先に聴いたからというのもあるかもしれない。)

 

「関風ファイティング」通常盤(2006)

関風ファイティング」、シングルA面で好きな曲を挙げるとしたら十中八九選ぶと思います。
リズムが心地よく、聴いていると不思議と元気が出る曲。
「涙ポロポロチャイナタウン」は声に出して読みたい日本語ですね。
語感が好き過ぎてつい使いたくなってしまう。(なお使いどころはほぼ無い模様。)
プロ∞ペラ」、「サムライブルー」、「未来の向こうへ」というカップリング3曲も、どこか共通したものを感じて、流れとして聴きやすい印象を受けました。

 

「マイホーム」通常盤(2011)

 「二人の花」、「はにかみオブリガード」という根強い人気のユニット曲が収録されたシングル。
このシングルのジャケ写も好きです。

Baby Moonlight」の雰囲気は何処かで聞き覚えがあるのだけど、具体的に出てこないのがもどかしい…。
二人の花」、同じコンビの「Carnival」とはまた違った雰囲気の曲。
シンプルに声が好き。これに尽きる。
主旋律の割り振りが均等なわけではなく結構特殊なように思えるのですが、何か理由があるのかな…?
はにかみオブリガード」…この歌を横山さん・村上さんの二人が歌っている事実だけで胸いっぱいになりますね。
「ハダカ」もそうなんですけど、年上3人のうち2人で組んだユニット曲を聴くと、何故かもう1人のことも考えてしまう不思議…。

 

浪花いろは節」(2004)

カップリングの「Cool magic city」、良い曲!
流石に10年以上前なのでイントロの音に少し時代を感じてしまいましたが、
メロディが耳に残りやすく、デビューシングルに収録するのにぴったりな王道アイドルソング。
表題曲とまた違った表情が見られるという点も良い。
歌い方がまだまだ若い感じがします(高い音に上がるときの処理とか)。ハモリ(合いの手?)のパートはこの時から安定感がありますね。よく判別できないけれど大山田かな…?
最近「野ブタ。」の話題でも似たようなこと思ったんですけど、当時の年齢、年下5人は今の私より下なんですよね…ヒエッ…


好きやねん、大阪。/桜援歌(Oh!ENKA)/無限大」(初回限定盤)

正直「好きやねん、大阪。」のコントが違うだけなので優先順位はかなり低かったのですが、この前行ったCDショップの中古コーナーで帯つきを見付け、かなり悩んだ結果買ってしまいました。
だって購買でお昼買うのを1回我慢すれば済んだから…(自分に激甘)。

コントは「三角公園」。
この曲の横山さん、全般的に生き生きしてて上手い。特に
「僕ね、皆が思ってるほど三角じゃないんですよ」
の台詞回しがとても良い。
そのあとのやり取りも好きです。そりゃいきなり訊かれたらそうなるよね(笑)。
ブックレットにも仕掛けがあって面白い。

 

まとめ

カップリング曲にも良曲が多いのは素晴らしいことだ…。
いつか未音源化曲と合わせて裏ベスト的な感じで発売されたら嬉しいなあ。
眠らせておくにはもったいない曲が多すぎる。

あと、ふと思ったのですが、
関ジャニ∞の作品中で「好きなジャケット写真」を選ぶとしたら何を挙げますか?
一番重要なのは収録内容なので当然なんですが、
「ジャケ写のみ」に焦点を絞った話ってあまり見かけない気がしたので…(権利関係でネットに画像が出にくいからというのもあるのかもしれない)。
可能なら「どこまでアートワークを重要視するか」というのと合わせて調べてみても面白そうだなあと思いました(実際にアンケートを取るかどうかは別として)。
ちなみに私は「GIFT~赤~」が好きです。


そういえばこちらでもペコジャニ映るみたいなので、可能ならリアタイで観たいと思います。
餃子との相性はすこぶる良さそうなので楽しみ。