読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽炎と冬将軍

それでも想いだけは死神に渡すものか

ムードメーカー

春休み明け、今のところ思ったよりもバタバタせずに過ごすことが出来ています。
研究室も希望のところに決まったので一安心。気を引き締めて頑張りたいです。

そういえば最近「マイホーム」の通常盤を購入したので、
やっと「二人の花」と「はにかみオブリガード」が聴けました。やったね!

 

本題へ。
先週の金曜日に放送された「さんまの番組向上委員会」。
クロニクルはローカルなのに全国ネットで番宣するのはどうしてなのか?という疑問はさておいて、出演部分が本当に面白かった!
新幹線でのモノマネ部分が本当に好きで(そもそも元ネタの完成度が尋常じゃない)、
ついついリピートして観てしまう…(笑)
4人のバランスも良くて、久しぶりにお腹を抱えて笑いました。
ボケに対して一斉に立ち上がって反応する、瞬発力のある関ジャニ∞さん、好きとしか言いようがない(語彙力の欠如)。

 

こんなことを言うのは無粋かもしれないのですが、
恐らく「ムードメーカー」で居続けることって結構な労力のいることだと思うんです。
だからこそ、長年自他ともに認める「ムードメーカー」で居続けているのは、
本人の意識は勿論、周りの環境あってこそなんだろうな、と考えたりもして。
きっと実際はそんなに単純な関係ではないのだろうし、もしかしたら私の理想に無理矢理当てはめているだけなのかもしれないけれど。
何だろう、ちょっと羨ましい気持ちになったりするんですよね。あの仲の良さが。

 

まとまっていないのですが時間も時間なので。
とにかく、あの誰も傷つかない笑いに包まれた時間はとても幸せでした。
今までは元気のないときは落ち込むだけ落ち込む対処法を取っていたのですが、
これからはあのモノマネを見ようかなあ。一発で元気が出る気がする(笑)